2008年4月21日月曜日

ボトムレスキュー

先日のイントラ講習の中で思いついたことがあった。
ノットパッシングのテクニックでLRHを使わず、フレンチブレードを使う方法を、そのままSRTでのボトムレスキューで使えないかと思い実践してみた。
ボトムにW3P2とミュンターミュールコンビでアンカーを捕る。本来送り出すロープの長さに余裕のある場合はそのままボトムアンカーでおろす。しかしロープの長さが足りない場合は、別アンカーで加重を受け、元アンカーを解放し降ろす。
これのアレンジでロープの長さが足りない場合でもロープを継ぎ足せば、ノットパスの要領でレスキューできないか?

1.ロープの長さが足りなくても、ボトムにW3P2とミュンターミュールコンビでアンカーを捕る。そしてフレンチブレードで加重を受けられるようにセッティング。

2.ボトムのミュンターミュールを解いて、加重をフレンチブレード側に移す。

3.ロープを継ぎ足し、フレンチブレードの操作とミュンタでビレイしつつノットがミュンタの直前までくるように下げる。

4.フレンチブレードに加重があるまま、ミュンタを解放しノットパスする。

5.ノットパスしたミュンタをミュールコンビにしてバックアップ。フレンチブレードで加重をロープに移す。

6.フレンチブレードを解き、ミュンタの操作で降ろす。

7.フレンチブレードをそのままでもいいかな?
この方が倍力を理解していない場合や道具がない場合には有効なような気がする。自分でやった限りでは成功したが、実際に使えるかは要相談。先生に聞いてみよう!

2 件のコメント:

SBTVD さんのコメント...

Hello. This post is likeable, and your blog is very interesting, congratulations :-). I will add in my blogroll =). If possible gives a last there on my blog, it is about the SBTVD, I hope you enjoy. The address is http://sbtvd.blogspot.com. A hug.

satoc さんのコメント...

I do not understand Portuguese so much.
Thank you for being interested in my blog however.
In what place were you interested?