2018年2月11日日曜日

トンチンカンチン

先日ある方から相談を受け話しを聞いていると、どうもおかしな部分があり不思議に思ってしまったんだけど、ローラー付きのカラビナをトップアンカーにしているということなのだ。私も良くない所があって、サイドオープンのプーリーは、フォルスクロッチのフリクションセーバーにもってこいだぜ!とか言ってるから、同じ感じでオープンして使えるから良いんでないの?ってな感じだと思う。大体トンチンカンチン自作って、画像をみてマニュアルや説明も読まず、その人の使い方や条件も鑑みず勢いで声高に言っちゃったら、アンポンタンがマネしちゃうよ。

それはダメでしょ!って言ったら「でも売ってた」ってことで、それをマネして作った!って、よくよく聞いてみると海外のあるショップで確かにあり、でも、それはリディレクト用のシステムとしてモノだった。
それをトップアンカーで使っていて、ロープの流れがスムーズで抵抗も少なくて調子がいい!なんて、すごいチャレンジャーだなぁと恐ろしくなった。
さらにエーデルリッドでは、同じようなリングにローラーが付いたフリクションセーバーがあるし...って、それは全然別物でしょ!それ用に開発されたモノだからEN 795 B 通ってるし何の問題もないけど、ただ見た目が近い(本当に近いか?)モノだから、マネして作ったって鼻高々に、これは良いとか、自分で検証したからOKって、まさにミソもクソも一緒で、クソ汁飲んで旨い!って言ってるようなものじゃないのかな?

ローラー付きカラビナは、スゲェ便利な良いモノだけど、メーカーでも表示されてるように、倍力装置やロープの流れを整えたりするためのモノで、カラビナ自体の正荷重破断強度は24kNくらいだけど、ローラー部分の強度は両側合わせて11kN程度で、チロリアンブリッジとかトップロープでは使用できない、って書いてあるぜ。(にしても、11kNってチャッチく見えるローラーも意外に強度高いんだな)
ゴリゴリ使ってたらそのうちベアリングがイカれて、しかも足滑らして1mくらい動荷重になったら....

皆大好き黄色いメーカーにも同じタイプのローラー付きカラビナがあり、そっちはカラビナの正荷重破断強度自体が20kNで、ローラーは両側合わせて4kN程度。これは逆にPPEに使用できないように、敢えて22kN以下に想定しているとも考えられる。

勿論トップアンカーとして使えないし、アンカーの規格EN 795も通っていない。

EN 795は、高さからの落下に対する保護・アンカー装置で、EN 795 Bは運搬可能な一時的アンカー装置という要件。(100kgのウェイトを、落下係数1.2で2,500mm落とした動的試験で、概ね22kN以上の保持が必要)



オープンスリング
なんかもそうだけど、
パーソナルユースで
PPEとして使用するのは
大体22kN以上の
破断強度だよね。

作業を便利に
効率よくするギアは、
使い方を知っていれば
凄い武器になるけど、
安易に流用すると
甚大な
ウィークポイントになる。
怖いゼ。
話しは変わるが、黄色いメーカーのカタログで、ローラー付きカラビナをハーネスのブリッジに取り付け、そこに皆大好きなメカプルージックのデバイスを付けて登ってる写真があったけど、これってコネクタ自体の正荷重破断強度が20kNなのって、良いのか?
???

2018年2月5日月曜日

静かに飛ぶ



まとまった雪が降ったあと、
風も弱く久々に静かな防風林。
スノーシューで歩く踏み音しか響かない。


エゾユキウサギはちょこっと出たササを
喰いながら、点々とシながら。
ササが出ている所に足跡が多く
そこには必ずと言っていいほど
フンが残っている。


目の前を不意に白いモノが静かに横切った。
鳥なら羽ばたきが聴こえるが
ホント静かにスゥーっと。

後を追ってみると、ヤツだ。


しばらく遠くからジッと眺めていたら、
サササッと登って飛び立った。
高さ15mくらいの所から
こっちに向かって滑空した。
またもや目の前を通り過ぎ
およそ25mほど飛んだ。

滑空している所はたまに見るが
暗かったり、天気悪かったり、
こんな日中に目の前を横切って
そろそろ喰い走る時期だもんな。

ハイタカの食事



仕事していると、横目で不意に陰が通る。
そうすると大概ハイタカがやってきている。
ヒバに隠れるカラ類を狙って
突っ込んでいく。
今日は仕留めた後、
ここで食事タイムにはならず
持ち帰ってどっかで喰ったようだ。
それにしても高確率で猟が成功する
良い食卓のようだ。

キレンジャクが落とした結晶



冷え込んだ朝、霧氷が枝に付き
この結晶がパラパラと舞い落ちる。
地べたも大きな結晶が積もった感じになり
踏むとシャクシャク音がして気持ちいい。

それが枝に停まったキレンジャクが
落とした結晶だと思うと
余計に気持ちがイイ!

2018年1月25日木曜日

小ちゃいヤツ



天気も良く寒いけど気持ちがいい朝に
イイ声が聴こえてヨーロッパトウヒの
暗がりに入っていくと
居ました!幸せのキバシリ。
コイツに会えるとなんかハッピーなのさ。
威勢良く移動して樹皮のすき間を突いてる。
何喰ってるのかな?

動いていないと絶対に見つけられない。


これまたイイ声が聴こえて
アカエゾの暗がりに入って行くと
チョコマカ忙しく動き回る
キクちゃんがいた。
青空で気持ちがイイんだけど
どうしても暗がりに呼ばれてしまう。
コイツは梢のうろこ状のすき間を狙い
林内の暗い枝先を移動する。
小ちゃいしすばしっこく動くので
そんなに警戒心は強くないから
待ち伏せで会える。


喰ってるものがそれぞれなので
そいつらが偏食するモノの辺りを
探っていると見つけられる。

明るく開けた立木の梢を移動しながら
冬芽の辺りの萼のすき間を狙うエナガ。
青空に白い身体が映えて
やっぱり画になるなぁ。

海岸線のヤツ



冬の海岸線を通る機会があり
いつもの川や港に寄ってみた。
この時期にいつも会える
シノリガモ。
正面から見ると、なかなかだ。


数日間シケていたので
なんか港に入ってるかなぁと
寄って見ると、
シノリが多量に集まっていた。
いっぱい居るとどれも同じに
見えてしまうけど
よくよく探してみると
たまに違うのも混じっている。


ホオジロガモのメスが
混じっていたんだけど、
オスは見当たらなかった。
いい時期なんでディスプレィ
とか見たかったなぁ。


ちょっと大きめの川の河口に
カワアイサの夫婦が
何組か屯っていた。
遠くから見ると美しい色で
でも近づくと結構
凶悪な表情が素敵。


あまり近づき過ぎて
飛ばしてしまった。

2018年1月13日土曜日

YouTubeでパラパラノットクラフト

先日仕事でスマートフォン向けの縦動画の制作を依頼され、iMovieで簡単に作れると思ったら、iMovieではタテ位置の編集ができないことに気がついた。安請け合いだった。

そこで何かフリーの編集ソフトはないものかといろいろ物色したが、iPhoneアプリではあるんだけど如何せん操作しづらいし、Macintoshで丁度エエのが無い!Final Cut ProとかAdobe Premiereとかそんな最先端で高機能なモノは要らん!タバコ買いに行くくらいの仕事なんでママチャリで良いのに、ランボルギーニやフェラーリは必要ない。Adobeとかも実際にはそんなスゲぇコトはしないからローファンクションバージョンとか出さないもんかね?誰もが皆F1やWRCに出場する訳じゃないんだから、草レース仕様のカスタマイズできる一般車みたいなソフトウェアは裾野を広げる意味でも有効だと思う...のはオレだけかな?所詮電卓なんだから。使いこなしてる人だってそんなに居ないだろうに。新しいソフトウェアやガジェットが発売されたら鼻高々で飛びつく人が多いからかな?ダセェな。

そこでWondershare Filmoraっうソフトを手に入れた。これがちょうど塩梅が良くマニュアルのインプレッサくらい。ベースは機能が制限され追加でいろんなアレンジができる。こういうのアップルとかアドビとか作らないもんかね?

ちょっと話しが逸れたが、縦画面になるとスマートフォンで見やすいし、YouTubeなんかもタテ表示に対応している...っうことは、今までのネタでイイ感じのものが作れるかも...ってことで作りました。
元々はアイフォーンアプリ用に作ったのだが、なかなかアコギで巧いこと行かなくて、赤字を回収するためネタを本にしていた。でも本来は動画的なタテ位置のパラパラ漫画なので、せっかくだからこいつを見られるようにした。YouTubeって基本的に好きじゃないから敬遠していたんだけど、何かしようと思って調べてみると色々出来るのね。あと、無音ってのもちょっと寂しいしドラムとベースのビートだけって思ってGarage Bandを使ってサウンドもキリバリで作ってみたら...面白くなるの判るわ〜。
いまはKnotCraft_Overhand GroupとFigure Eight Groupだけだけど、今後「機能するノット」の殆どのネタを暇なときを見計らって作っていきます!乞うご期待。