2017年3月24日金曜日

ナノ的なヤツ

先日入れ替えたAZTEKのロープ、確かに外皮と内芯のズレでミルキング後に裁ち落としたりしたんだけど、まだ実用に問題ない程度のヤレなので、どうしたものかなぁと、折角だし、ナノ的なモノを作ろうと、アイ側の8mほどをカットして、ラチェットプルージックをそのまま使い、ギャングドの3:1Z-CDにしてみた。
AZTEKのオムニプーリーは36kNで双方に9kNx2で、マイクロプーリーは31kN表示で双方に7.75kN程度。倍力装置としてだから、動荷重が起きない前提で、775kgで 3倍かかるとして250kgMAXかな。5倍力組んだら155kg。



まあ、エスケープユースなら
大丈夫でしょう!
ということで、
セットをフィックスしたいし、
カラビナをかける可能性が、
大いにあるので
コネクタはマイロンにして
[ミニマムエスケープキット]を
構成しました。


樹上で何かの荷重を抜く必要がある時や
アンカーを固めたい時のバックタイ。
もちろん、パーソナルエスケープ用として
小型の倍力装置はイケてる。
CDで折り返しても、180cmくらいは
充分に使える長さ。

自分を持ち上げてみても、
軽い軽い、3倍力上等だぜ!
ラチェットプルの操作がCD側なので、
セットする時に注意が必要。


リボルバーとカラビナを使って
5倍にチェンジできる。
引き上げの距離が短くなるけど。

例えば、システムがジャミングした
ビクティムに対し、ガチョンとセットして、
150cmくらい登って、Vロープに
アンカーをとる。
引き上げて→ヌンチャクでつないで→
荷重をもらって→Vロープを解除して....
バッチリです。


なんと言ってもこの大きさ!
W15xD11xH8程度のサイズ。
これならハーネスにいつも
下げても良いくらいのサイズ。
マムートのRESCYOUは
コンパクトでイイけど
対象のロープが7/16はムリ。
ちょっと使えないんだよな。

本家AZTEKと比べても
こんなに小さい。
まあ、ユーズドナンバーは
10くらいしか無いけど、
コレは使えるシロモノだね。
8mmコードって
いろいろ可能性があるし、
アラミドとかも出てきたし、
夢が広がります!

2017年3月20日月曜日

水場の鳥



いつもの所が動脈硬化なので
久々に大きな河原へ。
上空をカモの群れが飛んた。
のでそっちの方へ向かう。


すると、
雪が落ちかけた水たまりに
多分200羽以上が集まってた。
オナガガモが中心で
ヒドリガモ・コガモ・マガモ・
カルガモなどが集っていた。


今年初のアオサギや
良く確認できなかったが
カイツブリっぽい
小ちゃいヤツも居た。
近くの田んぼには
ハクチョウもいて今年初。


少し離れた別の水たまりには
オオバン・カイツブリ
カワアイサ・
写真じゃ判らないが
藪の中にヨシガモもいた。


そしてこの沼じゃなく、
夏場は干上がってしまうけど、
雪解けに水たまりになる所には
ミコアイサがやっていていた。
3つがいがのんびりウロウロ。
やっぱり種で集まるのかな?


ミコアイサは正面から見ると
オークリーのサングラスをしているようだ。
可愛いけど、ちょっとガラが悪く見える。
でもカッコいいねぇ。


ガラの悪いヤツらが3羽集まって
何か良からぬ相談をしている。

ように見えなくもない。


空ではオジロワシがグルグル。
ジッとしていると
どんどん近づいて真上にきた。

林の中でどっかり腰を下ろし
五月蝿いコトじゃなく
ちょっと歩いたら
面白いものにいっぱい出会えるのに。

残念!

動脈瘤問題

近くの防風林は適当に放置されたおかげでイイ感じに自然が再生され、そこを拠点にしたり移動する生き物の回廊になっている。
深山から丘を経て大きな川をつなげる回廊。
ギュッと絞り込んでいる道なので、生き物たちに遭う機会も多い。だからなのか?最近目にあまる人たちが来るようになり残念だ。自分もそんな防風林を楽しみにしている1人だが、一応自分なりの関わり方を考え迷惑にならないような行動を心がけている。
先日の朝、防風林をワシワシ歩いて丘まで行く途中、クマゲラの番に会った。鳴き声や気配があったのでジッと動かず木陰で待ってたら、目の前を通り過ぎて川の方へ渡っていった。定時運行って感じで同じ時間帯で同じ方向に移動しているので、恐らく個体識別もできている。川の方で昼過ぎまで河原をウロチョロしてまた同じルートで山に帰っていく。
ところがその日は小一時間で山の方へ戻ってきた。その時自分は丘の上に居たので、鳴きながら防風林の上を戻ってくる番の姿を見た。
軽く2時間ほど歩いて自宅近く戻ると、多量の車が路上駐車していて、多量の人が防風林を寸断するようにバズーカ砲のようなカメラを構えて集まり世間話や自慢話でガヤガヤやっている。椅子やテーブルまで持ってきてるヤツも居る。
まあこれじゃあクマゲラだって通りたくないわな。一度や二度では無く最近は毎週末こんな感じ。今週は連休なので3日連続。そしてゴミは捨てるし、う◯こはするし、やりたい放題である。せめてキジ撃つなら土まで掘って埋めろや!
以前大雪が降ったときそのエリアに近づいたキツネやエゾクロテンが明らかに踵を返して戻って行っく足跡になっていたり、そのエリアで寸断されて流通が滞っている。

防風林を自然の血管とするとまさに動脈瘤である。

自然や生き物が好きなんじゃなく、ただ被写体として動物のねぐらを狙っている。出てくるまではワイワイやってる。こういう写真屋は最低だ。本当にイラっとする。 狙った芸能人の自宅を取り囲み兵糧攻めで出てくるのを待って写真を撮るマスコミと何ら変わらない。
そんなヤツらが「北海道の自然」みたいな写真を紹介していて「この写真を撮るのはもの凄く大変だった」みたいな苦労話をしたり、自然を愛する写真家みたいな扱いだったりする。そういう写真はポートレート的な記念写真といった感じだし、第一生き物の目が死んでる。定年退職して時間を持て余し趣味が嵩じて撮る写真は孫の運動会だけにせよ!虫唾が走るゼ!
私も大好きな写真家が居るんだけど、貴重な出会いを求めていても、自然の一部として生き物を扱うし、活き活きした瞬間を切り取る。そういう写真とはデキが全く違う。
ダメとは言わないが、デバガメ写真屋さんよ、もう少しなんとかならんモノかなぁ。


今日は15台並んでいた。

2017年3月15日水曜日

LanyardPin rockD

LanyardPin rockD / rock exotica
ランヤードのコネクタは絶対にメジャーアクシスになるように工夫する必要がある。コーナートラップとかラバースリングキーパーとか、まあそういうので固定するのが普通だけど、どうしてもカラビナが「立つ」ようにしにくい。自分ではダブルブレイドでキャプティブにキツめにアイスプライスしちゃうんだけど、こういうランヤードピンのカラビナであれば、絶対にマイナーアクシスにならないからイイんじゃないかなぁ。
他にも似たようなモノはあるけど、ロックエキゾチカのランヤードピンカラビナは30kNなのが素敵!



「ピンは止めねじで保持され、
取り外し可能です。」って
書いてあるけどヘキサの径とか
トルクとか何も載っていない!?
これってドウなんでしょう?
各使用の前にピンが固定されて
いることを確認してください。
ってことで良いのか?


見た目の大きさは、RockDと変わらないけど
持った時のフィールと存在感がハンパない。
厚みが全然違う。さすが30kNですね。
見た目アルミアロイじゃなく、
G-useのスチールと同じフォルム、でも軽い。
ランヤードでは、スナップロックや
キャプティブアイのカラビナとか、
絶対にコネクタが回ってマイナーアクシスに
ならないようにする必要はある。
絶対にだ!
そこんトコが、
カラビナで解決されるのは大変ありがたい。
でもリスクとしては、通常のカラビナのように使っちゃダメだぜ!まあそうだろうよ。ピンがあるから掛けた物は絶対にナローエンドに載らない。ということはスパインに載らないし、強度も満たさない。でも基本的に付けっぱなしにするから、通常のカラビナと混ざることはないけど、たまにとんでもないミスをするのがヒトだからね。


素敵だよ!
LanyardPin rockD
rock exotica

キバシリ


幸せな気持ちにしてくれる鳥って、
幾つかいるんだけど、
その中の1つ、キバシリ。
コイツに会えると、一日良いことがありそう。
何処にでも居るんだけど、
近所ではあまりお目にかかれない。
鳴き声は聞くんだけど上手く見つけられない。
何か相性みたいなものがあって、
よく観られる鳥とそうじゃないものが居る。
だからこそコイツに会うと余計嬉しい。
名前が良いよなぁ。キバシリ。
樹の上を走ってみたい。

2017年3月14日火曜日

パンタン_ゴム



パンタンのウェビングがもう限界に近く
クタクタになってきて、
だんだんズって緩くなる。
登ってる最中に、ズレてくると
ウモ〜っ腹が立つ。
上じゃ上手く直せないし、

まあ、新しいベルトを買えば良いのだが、
ビナの回転止めのラバースリングキーパーを
ムリヤリはめてみたら、案外調子がいい。
ゴム最高!


調子に乗って、粗くガツガツ使っても
ズレ知らず。
何で今までコレやらなかったんだ。
気持ちがいいので、
細くて良く揺れるヤチダモに登って、
ゆらゆら。


気分がいいので、パノラマ撮影
コレはどういう風に表示されるんだろう?

象さん?





大分雪解けも進んでいるけど、
先日ドッチャリ降った後に
アカエゾに残った雪が、
パォ〜ンって言っていた。

鳥に会いに行っても
なかなか会えない時は
雪を見るのもイイねぇ。