2017年2月13日月曜日

オジロワシ



先日出会ったオジロワシは
うるさい車通りも気にせず
街路灯に停まっていたので、
思わず戻って近寄って、
よ〜く観察した。
キョロキョロ頭を動かし
落ち着きがない感じの若鳥。


そして今朝見つけたオジロワシは
立派な成鳥だった。
畏怖して近寄らずっという感じで
何か威厳のある佇まい。
カッコいいなぁ。

2017年2月12日日曜日

スライディングD


Edelrid Core Sliding D-KIT
エーデルリッドからツリーケア用に
ハーネスが発売されているが、
そのブリッジが消耗取替用で
発売されていた。
サイドのD環(EN358)が一体で
サイドDがボルトオンで
コレごと取り替えられる。
メーカーも製品も許可してないが、
理屈的にはコレって
他のハーネスもOKじゃねーの?
ってめっちゃ興味がありました。

あくまで当然、自己責任なので
良い子は絶対マネしないでね。
ってことで、シンギングロックのハーネスに
取り付けてみました。
初期型LRシットって、サイドDはハイテン鋼で
溶接の華奢な作りだし、
どうしても気に入らなかった。

結果から言うと
このやり方はお勧めできません。
コレ自体は良いものですが、
あくまでツリーコアの消耗取替用です。
ツリーコアは構造的にオリジナリティー溢れて
とても良いハーネスだと思います。
昔あったペツルの後付けブリッジやツリーモーションなどはリングやレッグをつないでるウェビングがもの凄く消耗するのに、ここは取り替えられず、ハーネス自体が買い替えになってしまう。コレってどうなんだ?っと思っていた。流石カーンマントルロープを開発したメーカー、エーデルリッドはやっぱり革新的だなぁ。
ツリーコアはセンターDが付いていないけど、ここにデルタマイロンなども取り付けられる。もちろんコアトップやチェストアセンダーキットが増設できるし、なんと言っても背中にフォールアレストのアタッチメントがあるコアプラスが増設できる。現在、後付けでフォールアレストのフルボディ化できるのはコレしかないんじゃないの。
そしてレッグパットやスクリューDキット、ブリッジウェビング、ベンチなど別売りで充実しているので、必要に応じてフルボディにできたり、万が一に備えて背中のアタッチでセルフビレイシステムを組めたり、臭くなったらパッドも取り替えられるし、私みたいな使い方をする人に取ってはモノスゴクありがたいハーネスだ。
そんな変態はいないと思うけど、サイドDの取り付けポイントも4カ所あるので、ダブルサイドDなんてのも可能。誰かそういう人いないかな?見てみたい。



そして何より気になっていたのが
「スライディングD」という、
ブリッジの取り付け構成が他のメーカーと
全く違うので、使用感が判らなかった。
両側のサイドDと両レッグから
出てくるウェビングが、
そのスライディングDをダブルで通る。
ブリッジの途中から其々レッグに
固定される従来のものと全く違う。


はじめは両レッグをつなぐウェビングが
短くて稼動域が狭いんじゃ無いの?って
思っていたが、全くそんなことは無い。
個人的には純正より5cmほど長い
オーツン(OCUN)のポリアミドを
付けてみたが、オリジナルでも充分だった。
レッグの稼動域ってそれほど無いんだなぁ。


ツリーワークのポジショニングとして
前後左右に身体を振ることも全く問題ない。
スライディングDは横向きなので
クライミングシステム的にも都合がいい感じ。

そして、一番いいなぁと思ったのが、
荷重したままブリッジの長さを調節できる。
セコイヤのアジャストブリッジなどは
吊り下がったままだと調節は難しいけど
これは、荷重を足側に移すのが容易なので
ぶら下がりながらでも長さを変えられる。


SRTの時などは、ロープに近づきたいし、
ストロークをかせぐため
アタッチメントポイントを短くしたい。
そんなときには一番短くして登って、
上でそのまま伸ばしてポジションできる。
この可変性はもの凄く有利だと思う。
上半身と下半身の荷重バランスを変えて
動くときにも有利になる。
ただ、あくまでも、
ツリーコア用のスライディングDなのです。
コレで益々ツリーコアが欲しくなった。


注意
ここで紹介した
Edelrid Core Sliding D-KITは、
あくまでTreeCore用の消耗部品なので
汎用性のある製品ではありません。
メーカーが許可している訳でもなく、
他のハーネス自体の規格もあるし、
安易に取り付ければOKということではないので、
それによって起きた障害や事故は
何ひとつ保証されるものではありません。
根拠はあくまで自分になるのでご注意を。

* * * * * * *

Better be the tail of lions than the head of foxes.
寄らば大樹の陰

どこぞの有象無象が言うことなど信用ならんが、Aさんが言うなら間違いない。
たとえ同じ内容だとしても、信用度が違う。
というのは、根拠をそのAさんに預けているということでしょう。
自分では責任取りたくないし、思考を停止して、まるっとナスリツケル。最悪だね。
AさんとBさんが、理屈は同じでも方法が違うことを言ったとしたら、自分で考えることをしないから、Aさんはコウ言ったから、Bの言うことは違う!なんて言ってしまう。
肩書きの差を見比べる小賢しさはあるんだよな。
そういう人はAさんが「火の中に飛び込め」って言ったら、何も考えずわかりました〜って飛び込むんだろうな。
どうして自分の中で思考を再構築しないのかな?

以前ある人に、どうして日本人は自分で組み立てないんだ?最終判断は自分だろ?
そいうい風に言われて、初めて自分で意識できるようになりました。




2017年1月9日月曜日

ハイタカの猟り


冬になると足しげく通う
(飛んでくるから羽しげくか?)
ハイタカ。
多分同じ個体だと思うが
うちの庭は、良好な猟り場として
存在しているらしい。
ヒバに突っ込んで猟る姿を
間近に見られるのが嬉しい。
やっぱ猛禽はカッコいいなぁ。


現れる時はカラ類が騒ぐので
気づいて見ると大概来ている。
そして、仕事場の窓から時々
スゴいシーンを見せてくれる。
今日の獲物はヒヨドリだった。
激しいかりのシーン!
すげぇ


眉班が薄いけど多分ハイタカ。
大きいからツミじゃないと思う。
ヒヨドリは鳴きながら暴れ
何度か持ち替えてるけど、
なかなか動きを鎮められない。


羽を毟り出しても暴れる。
内蔵を引っ張り出したとき
最後の断末魔でも鳴いている。
うーん、何だか、キツいが。


そんな食事の最中でもカラ類は
気にせず飛び回っている。


うちの庭は外敵も現れないから
さほど緊張せずに喰っている。

そして15分ほど食事を続け、
いいサイズになった所で
残りの肉を持って飛び去った。

2016年12月26日月曜日

モモの塒だったキハダ


以前はエゾモモンガの塒があって
去年からクマゲラがガスガスやり
大穴が空いてモモは居なくなった
大きなキハダがある。
そのキハダに近寄り眺めていたら
裏側から、くるくるっと回って
目の前で姿を現した。
コイツらは警戒しないのかね?

transPorter / rock exotica


transPorter / rock exotica

絶対に必要ではないけど、
あったらいいなぁって思っていた
ロックエキゾチかのトランスポーターを
手に入れた。

DMMのVaultとよく比較されるけど、
どっちが良いんでしょうかね?
何れにしても、絶対落としたくないものには
とても良いと思う。


知り合いがVaultを手に入れて、色々いじって益々判らなくなったけど、それじゃぁ私はtransPorterっつうわけで、これから使ってみて色々判ってくるんだろうけど、まあ、マニアとしては、EXPERT USE ONLY ってバーンと見えるヤツが良いと思った。

いわゆる、ハーネスに道具を下げるキャリツールの様なものだけど、プラスティックのキャリツールは、あまり重いものは下げられない。ひん曲がる。ハーネスにしっかり固定も出来ないし、枝の間をミチミチ登っていると、枝に引っ掛かって、ひん曲がってゲートが壊れる。 ワイヤーだと、よく引っ掛かって欲しくないときに引っ掛かって、ハーネスが引っ張られたり、モノを落とすんだよなぁ。
それに重いものは下げられないので、チェンソーは無理だし、ハーネスが引っ張られて痛い。しっかりとハーネスに固定できるのがイイね。まあ、そういう事情で製品化されたんだろうけど、同時期に発売されたので、明らかに対向意識だろう。

DMMのVaultは、ロックゲートとワイヤーゲートがある。このロックゲートが、最初は使い方が判らなかった。慣れるとどうってことないだろうが、とっさには難しい。一方トランスポーターはボールロックというか、上下のスライドでロックできる。

Vaultの方がスマートで、取り付けも容易だし、色っぽいフォルムも素敵。ツリーモーションにはコッチですね。だけどセコイヤのギアラックをかけるベルトのループは大きく開いているので、Vaultだとしっかり固定できない。フニャフニャ動いてアンバイが悪い。そこでトランスポーターだと思う。


transPorterは
4本のボルトで固定するので
開いたベルトにもしっかり着く。
グラグラしない。
たったそれだけのことだけどね。
これでチェンソーも安心だ。
でもこれだけでも重いんです。
う〜ん、やっぱり道具は
一長一短だよなぁ。

2016年12月24日土曜日

rehash or mimic????


先日韓国でREの代理店をしている方から、
アーボリストなら使うじゃないのって感じで
ハイドラを貰った。
トリプルアタッチメントスイベルプーリー
興味はあったが使いたいモノか?どうか
疑問だったし、でも良い機会だったので、
早速イメージできる項目を検証した。

自分なりのヒッチシステムや
ランヤードとしての結論は、??です。

webに紹介されてるように、恐らくの想定は
ヒッチクライマー的な使い方なのだろうけど
ちっともメリットを見いだせない。
折角得意なサイドプレートオープンに
何故しなかったのだろう?

とりあえずヒッチシステムに
使う用なんだろうとやってみると
プーリー自体がクローズなので
末端から突っ込まないと使えない。
スペースがタイトなので
アイ加工してたら入れられない。
プーリーとしてはその方が良いが
逆末端から延々と入れ替える。
その時点でウンザリです。

穴からのスパンが長いから、
ヒッチのブレイドから角度ができ
フェアリードには都合が悪い。
スムーズに上がらない。というか
折れ角が大きく抵抗になるし、
ブレイドを崩す傾向にある。
穴からプーリーまでの距離って
スゴく重要なんだと再認識した。
スイベルの意味が判らない?
フェアリードならブレイドと一緒の向き以外に動く必要を感じないし、逆に動くとブレイドを崩しがち。というか引っ張る向きに合わせて動くので、真っ直ぐに上げないと更に抵抗を生み上げにくい。
という訳で、ヒッチシステムには到底使いたくないシロモノだった。

それじゃ次はランヤード的なのはどうだろうとヤッてみたが、まあ、システムと一緒だった。
サイドオープンじゃないので、ペケットを使えればピント的な使い方もできたろうが、このつなぎ目はペケットとして使えないんだなコレが。
マニュアルでもXになってる。
(CEランヤードの最大のメリットは、このペケットとシンブルループだ思うが、CEランヤがイイ!っていう人に限ってあまり使ってない感じだよなぁ。使ってないならソレ頂戴な。もの凄く欲しい)


う〜ん、困った。
ちっともメリットを見いだせない。
唯一イイかな?っと思ったのが、
穴の内側に滑り止めのゴムがあり
そう簡単にカラビナが回らない
ようになっている。
これはメリットかもしれないが
システムには邪魔なだけかも?

そしてこの穴がHCより小さい。
元々rock'Oを使う前提だろうが
rock'Dだとめっちゃ入れにくい。
他のメーカーのものは使うな!
ってことだろうけど、例えば
UltraOだとかなり入れにくい。
更にゾディアックだと、
スパイン側にセットするのは
不可能ではないがムリって感じ。

これじゃ、いやはやなんとも。
とても好きなメーカーだし、愛してやまない製品も沢山あるんだけど、、、イラネ〜!ガッカリだぜ!

まあいろんなメーカーがアーボリスト用ってのを打ち出して、今後益々切磋琢磨して、どんどんイイモノが登場するのはありがたい。
しかし、商品開発にアーボリストが関わっているのか?っていうようなダサイR&Dを行ってほしくなかったな。こういう二番煎じというか、形ありきのモノマネにもなっていないようなシロモノとは思わなかった。モノマネというよりモノボケ?
購入する側の問題でもあるけど、誰かスゲー名の知れたアーボリストが使ってるの見て、新製品に直ぐ飛びつくヤツらや、環境や手持ちの道具の整合性を考えず自分の作業に大して必要もないモノをこれ見よがしに取り入れ、最先端!って雰囲気出してるヤツらも居るから、そういう人には是非手に入れてもらいたい。

ってここまで、底知れない悪態を突いたけど、
じつはとっても素敵なハイドラの側面もあると思う。
アンカーだ。
これはアーボリストにとっても使えるスーパープロダクトだと思っている。 ツーポイントのアンカーにはとってもメリットがあると思う。
クライミングのアンカーにツーポイントアンカーを使う人はあまり居ないし、ニッチなシチュエーションだけど、引き出しとして持っていればかなり強力な武器になる。それはヒッチクライマーにも出来ない素晴らしい使い方だと思う。


例えば心もとないアンカーのバックアップや
方向によって追従するイコライジングなど、
そして最大のメリットは架け替えだ。

まあ条件が色々あるが
1本の長めのアンカーロープがあって、
細かい枝を次々に処理する時などは、
ヒョイヒョイ移動できるので
これはイイゼ!

下からのセッティングはまだ??だけど
とりあえずスリーブでも何でも登ってしまい
ポジショニングしてアンカーを再構築します。

切りたい枝にアンカーを採る場合などは
もう片側をバックアップにして作業する。


終わったら、切った側のアンカーを解除して
架け替えるんだけど、
その時にスイベルの威力を発揮できる。
クルッと回しちゃえば、
すぐに次のアンカーに設置できるぜ。
システムが裏返しになることもなく、
位置や向きや高さが違ってもいい位置で
そのままで都合のいい枝に架ければ良し!


そんな作業する人は居ないかもしれないが
ツーポイントアンカーはGOOD!
システムアンカーが力のかかる方向に
向いてくれるのでストレスがない。
素晴らしい!
大きな対象には使えないが、
ちょいちょい登りながらサクサク切るときは
セカンダリがある安心感が作業を円滑にする。


ここで吼えてるコトはあくまで個人の感想です。それに自分のイメージが足りないだけかもしれない。そしてとんでもない間違いがあるかもしれない。
ハイドラは、俺はシステムには使わない。
とか言っちゃうことで、新しい考えや討論が生まれるのだと思う。海外ではそうやってトンネルビジョン野郎が知恵者と対等に意見の交換が行われている。「君きみそれは間違ってるよ」って教えてくれる人がいる。スゲー先生にアホな質問してもちゃんと応えてくれる。ハナクソ意見にも、ちゃんと応えてくれる環境がある。(でも英語力が無いから、ちょっと通じなかったりするんだけど...)日本人はそういう環境に馴染みないので、狭い範囲で自分のシンパに、彼奴の言うことは信用できない。とか言っちゃうみたいだもんな。
誰かの意見を鵜呑みにしたり、静観して一方的にダメ出ししたり。そして誰かがコウ言ってたモン!とか、自分自身に根拠が無いのってアブナイぜ。まだまだ発展途上の技術なんで、完璧な正解は無いと思って自分の考えを言う方がイイ。バカにされても良いじゃないか人間だもの。人間は間違う生き物だよ。

現にYouTubeなんかで、ギア変態がとんでもない使い方を紹介しているものが沢山あり、そういうの見て相談を受けることが多くなりました。そしてそういう人に直接質問したら、返答もないままいきなり削除しちゃったり、何の回答もなかったり、でもなんか映像になればそれが正解みたいな節があります。じゃなくてちゃんと煮詰めて行こうぜ!よ

お互いに発展できない業界はダサイ。老い先短い身にとっては、なんとかしたいと思っている。そういう環境を作りたいと思っている。


自分の言いたいことを言わないで、
表面上良い子を装ってても何も面白くない。
裏付けがなくたって、誰かが補完すれば良い。
軽々しいことを言えなくなるくらいなら、
罵倒された方がよっぽどマシだ。

四つ穴の肉球プーリーなんてどうよ。

2016年11月29日火曜日

エナガ


昨日辺りから庭にエナガが大群で
やって来ている。
ケヤキの幹を盛んに突いている。
近所の雪虫はヤチダモじゃなく
こいつに着いてるみたいで、
トドマツから飛んでくるのだろう。
それにしてもやっぱり
エナガっちは可愛いなぁ。