2017年8月8日火曜日

新調したロープ

レクリエーションでもアーボでもレスキューなんかも、講習やトレーニング・プラクティスをやっていると、みんな似たような道具を持つことになる。
誰が何れを使おうと勝手だし、皆インディビディアルなンだけど、自分に根拠をおいて使う道具でもどうしても似た感じになる。
だ・か・ら、何か変えたくなっちゃう。他の人と違う「何か」が欲しくなる。それに一応いろんなモノを使っていないと、講座で突っ込まれた時に応えにくい。使っていなくても、情報は入れておいて、使ってる人にリサーチしたり、メーカーに問い合わせたりしている。
今年でもう廃棄限度になった16ストランドロープがあり、今さら16ストランドは要らね〜か、っと思いつつもレクリエーションではまだまだ必要だし、扱いやすいのはエールだけど、サムソンも捨てがたいし、ニューイングランドのセーフィティブルーは使った感じかもの凄く好きだし、どーすっかな〜何にすっかな〜って思ってた所に、ハニーブラザーズのオンライントレードショーのご案内。
そんな私も御多分に漏れずかなりマニアなもんだから、
見たことない模様のロープをポチッてしまいました。


New England 13-55 Rope
New England Tachyon 1155 Rope
1955年から独占販売っつうことで
13と11mmという意味の名前がつく?

13-55は、1/2in.で7,000lbs.
ポリオレフィンコアのセーフィティブルー
耐摩耗性を強化して耐用年数を延長する
特別な処方で処理???

1155は、7/16in.で7,100lbs.
まあコッチはタキオンの色違いでしょう。

並べてみると、カラーパターンが一緒。
遠目で見ると殆どオレンジ見える。


いつものように一週間ほど水に浸けて
しっかりとシリコン成分を出して
数ヶ月使ってみて、、、
あんまし良くない!

何かキンクが強い。
質感・使用感は大変よろしいのだけど
キンクしやすい気がする。
ちょ〜しこいて色や模様に騙されて
失敗した感がある。

やっぱり自分はエールのXTCが良いのかな
タキオンもオーソドックスなのがイイかな
失敗も自分の糧になる。

夏の河原



盛夏になると近所では夏枯れというか
あまり取りの姿を見られなくなる。
本当は見られなくなる訳では無いが
広範囲にエサが豊富なので、
焦点が絞りにくくなって見つけにくくなる。
そんな時は開けた河原に行くと
夏鳥たちがいっぱい飛んでいる。
ノビタキ



そしてその幼鳥。
ノビの幼鳥は目がクリッとして
本当に可愛い。
まだ色がはっきりしなくて
雌雄が解りにくいけど
とにかく可愛い。
興味津々でこっちを見てる。

近所でお馴染みのホオアカも 日差しの強い河原で見ると カッコいいぜ。


ベニマシコも高枝に停まって
ヒッフッ、ヒヒフッって美しく鳴いている。
紅猿子って言うくらいで
サルのお面のような顔と色。


鳴き声だけでは何だか判断つかないが
ハリのある透き通る声で
何か違うかな?って探してみると
この辺りでは盛夏にはあまり見られない
ノゴマもいた。
足が長くフォルムがカッコいいし、
喉の赤が鮮烈!


本当はオオジュリンを見たかったけど
今日は見つけられなかった。
今年はオオジュリンを見ていない気がする。
また探しにこよう!

2017年6月29日木曜日

ザックリとした力学

物理って聞いただけで耳を塞いでしまう人が多いけど、
計算で正解を求めるんじゃなく、
自然の摂理を知って巧く利用することだと思う。
危険も予見できるしスピーディで効率的になる。

方向・力・重力を体感できると、
ムダな力も使わないしスマートで楽チン。
マニュアル通りの自然は無い訳だし、
一番イイ方法だけを繰り返し訓練して脳ミソが筋肉化しないように、
算数が苦手な自分でも納得できた力学の本作りました。

[ザックリとした力学]

2017年5月26日金曜日

Positioner2_New?



数あるギアの中で
BEST10を選ぶなら必ず入る、
大好きなポジショナー2を
手にする機会があった。
外装がちょっと新しくなっている。

うんうん、
Advanced
Ropeclimbing
Technology
が、ARTのロゴになった。
アーレンキーの位置も変わってる。
ハンドルの所に製造年月が入った。

まあ良し、そして裏は、、、


真ん中の樹木のマークも
(煤けて見えなくなってるが)
ARTのロゴになってる。

Positioner2の文字が
前のだんだん小さくなるヤツ
好きだったんだけど。

そして、
ん? 何?
EN567の表示はそのままだけど、
EN358が消えている。

何と言うことでしょうか!


EN358は、ワークポジショニングランヤード(システムとデバイス)の落下に対するPPEの要件と試験/ベルトおよび ランヤード 構成繊維の同一性/静的強度・動的強度・腐食試験など
EN567は、登山用ロープクランプの要件と試験/落下に対する保護/使用条件/操作方法/強度試験など

EN567はアセッションやクロールなど、ロープグラブやロールンロックやシンチなんかもその適合になる。
EN358が消えてるっつうことは、アタッチメントポイントを2点でポジショニングしなくて良いってことでしょうか?一本吊りもOKっつうことかな?56ページもあるマニュアルにも一切EN358は出てこない。
もはやワークポジショニングランヤードじゃなく、スパイダージャック的な感じ?その違いが益々曖昧になってきた。
やっちゃイケナイことだったけど、ランヤードの長さが足りなかったとき、エイヤッって中間にディレクショナルフィギュアエイトでコネクタ回して片方掛けで移動する(AZTEKのチキン側的な)ことが、許されるということでしょうか?
一度ポジショナ−2で完全にぶら下がったことがあるんだけど、もう握るのが怖くて仕方がなかった。あのカクッて動き出す瞬間、堪らないね。それが1本でやってもイイよ!ってことだろうけど、私は怖くて出来ません。

メーカーの改良によるレギュレーションの変更は、勝手に行われるものだけど、コレ、今までのポジショナーではヤッちゃいけなくって、新しいのはOKよってことになるのでしょうか?


カミナリ族のチキンレース



ジェーップ、ジェーップ聴こえると
空を見上げて探してしまう。

今年も3羽ほどやってきて
盛んに飛び回っている。
ぼーっと見ていると、
目の前の電柱に停まってくれた。


今日はちょっと気合の入り方が違い
3羽とも真剣に鳴き、突っ込んでいた。

見ていると、この草原の上空を
四角く飛び回り、誰かが急降下を始めると
次々に後を追って突っ込んでいる。

地上スレスレまで突っ込んだ方が
メスにアピールできるのか
みんな気合が入っている。


飛びながら、尾羽を開いて
ババババババババッって
すげ〜音を立てる。

カミナリ族の突っ込み上等、チキンレース。

春の鳥



春も盛りを迎え、いつものメンバーが
この辺りにもやってきた。

花札のイメージだと「梅に鶯」だけど
サクラにウグイス。

もうハチ切れんばかりケキョってる。


見つけると幸せな気持ちになる青い鳥。
今年は数が少ないけど、
ちらほら観られる。

でもコルリを見ないんだよな〜
ルリビやコルリはもっと幸せになる。


アオジも頭を膨らませ
力一杯鳴いている。


家の前の防風林にもキビタキがやってきた。
窓を開けてて、
どんどん鳴き声が近づいてくると、
もう仕事そっちのけで探してしまう。
まあ、イイ環境で囀りを聞きながら
仕事できるんだからありがたい。

今年はいつもの草原にノビが少ない。
ホオアカはやってきているが
もっとノビタキの美声を聴きたいなぁ。

野の花



エゾノウワミズザクラが満開。
今年は花の付きも良く
イイ感じでいい匂いを放っている。
ハチがたくさん集まっていて、
みんな一生懸命だ。


地上ではシラネアオイが咲き始めている。
紫色〜ピンク〜白色
いろんなトーンか楽しめる。
こう、なんちゅうか、
色順で並んでくれたら面白いのに。




黄色いカタクリも見つけた。

葉が大きく、花弁は太く短い感じ。
ピンクも清々しい美しさだが、
黄色は何か可憐で落ち着いたイメージ。

キツネの親子



近くで子キツネを見かけた。
斜面でコッチの様子を見ている。と、
なんと他にも4匹も居た。
写真じゃ解りづらいが
親もいたので6匹で気持ち良さそうに
日向ぼっこをしている。
子連れのキツネを見たことはあったが
いつも2匹くらいなので、驚きだ。
一度にこんな数の子供を見たのは初めて。
お腹いっぱいなのか、
落ちてた軍手を飛ばして遊び回っている。

2017年5月15日月曜日

オシドリ



近くの用水路に例年のごとく
オシドリが来ていた。
今年も営巣して欲しい。
あまり刺激しないように
何気なくゆっくりと
近づいて行くのだが、、、


直ぐそばを軽トラが通過し
あえなく飛び去ってしまう。

いろいろな色が見えて
飛ぶ姿も美しい!

オオジシギ



先日家にいてもジェ〜ップジェ〜ップ
聴こえていたので、お、来たなって
近所の原っぱに会いに行ってきた。
今時分はまだ草の丈が低いので
ゆっくりとジリジリ探していると
見つけられる。

目の前をトコトコ渡っていき
警戒したか身を低くして停まった。
動きが無くなると殆ど見つけられない。

夕陽に雁



今シーズンは積雪が少なく、
さらに一気に雪解けが進んだせいか
ハクチョウは来たけどマガンは来なかった。
いつも来る奴らが来ないと
なんか寂しい気持ちになり
溜まっている所まで
ねぐら入りを観に行ってきた。

直ぐ上空を通過すると
キュィキュィって羽音が聴こえる。


今年は例年より多く
集まっていたらしいが
ピークを過ぎていたけど、
36万羽ほどが集まっていた。

パラパラと落ちるように
着水する様は
月に雁ならぬ夕陽に雁

春の道路脇



今年は色々時間が取れず毎日行けなくて
日々の変化を実感できず寂しい。
それでもいつもの花々を観に行く。

春先は白い花がやはり目立つ。
ミズバショウ


ヤブデマリも咲いていた。


これは花がまだだが
美味そうなアズキナの若芽。
少しいただく。


エゾノウワミズザクラも
莟が上がってきて
少しだけ咲いていた。
まだ満開には早い。


道路脇の水たまりには
オオバナノエンレイソウ。

防風林沿いを歩くと可憐な花が咲いている。
でも同時にゴミもたくさん見つける。
昼休みに人気の少ない防風林脇に車を止めて、飯喰って昼寝する人たちを良く見かけるが、そういう隠れやすい場所には必ずコンビニ弁当のゴミが散乱している。弁当のプラケースやスチロール、ペットボトル、ドリンク剤、シュークリームの袋などが散らばっていて、まあ喰い終わって捨てる時はレジ袋に入れて口を縛って捨てるのだろうが、カラスが見逃すはずもなく、数時間でグチャグチャになって散らばっている。
そんな中にも白く美しい花は咲いている。
こんな綺麗な花がいっぱいの所にわざわざ捨てなくてもって思うが、そういう輩は花など見ていない。

2017年4月18日火曜日

春近しかなぁ?



マガンが見たくって
近所の水たまりを色々探っているのだが
どうも会う機会が無く
今年はこの辺りは
渡りのルートになっていないようだ。
ハクチョウはいっぱい来てるんだけど。

今年は随分ヨシガモを見る機会が多い。
あまり人が近づかない水たまりに
集まっていた。

今週末でもちょっと遠出して大きな沼に
マガンに会ってこようかな。


ハクセキレイも
随分姿を見るようになってきた。

田んぼ脇の水たまりで
バシャバシャ水浴びをしていた。
気持ち良さそうだねぇ。


雪ノ下狙いで倒木の林を歩いていると、、
巣材探しなのか?採餌なのか?
ポプラの倒木の影に
赤いベレー帽が見え隠れ。

っつうか、警戒心というものが無いのか?
ジッとしていると、どんどん近づいてくる。


まだ雪が残る近所の原っぱにも
ヒバリも現れ始めた。
天気のいい日にピチピチ聴こえ出すと
なんかニコニコウキウキした
気分になって、
なんか知らんけど期待感が高まってくる。


やっぱりコイツの姿を見ると
おっ春が来たね!っていう気になる。
今年は少し早いようだし
まだ単独っぽくて、
求愛鳴きもしていなかったが
やっぱり嬉しい。

どうもまだ雪が残る寒そうな草原は
キビちゃんはあまり似合わないな。

2017年4月14日金曜日

怒濤のツリーイング講座



4月は怒濤のツリーイング講座ラッシュ。
T-1とT-2を連続で行えたので
そしてまあ、飲み込みの早い方々で
かなりハイレベルなコトまで出来た。
自分で楽しむための登り方の可能性
DdRTの基本とそのリスクやデメリットを
しっかりと習得していただき、
効率やメリットを理解してもらえたと思う。


ぽかぽか陽気でツリーモック
でも通常とは違い
樹上でのデイジー投げ返しで
ダブルクロッチアンカーの
セットアップや
タイイン・タイオフを
やってしまうツワモノ。


SRTだって1本のロープを如何に登るか?
アンカーに掛かる負荷の違いや
ギアとハーネスの調整ファインチューン
荷重移動の仕組みや方法を
すぐに理解していただけたので
普段はやらないSRTのレスキューも
実践トレーニングとして行えた。
ビクティム役もちょー安心。


SRTはロープの登り方の然りだが
システムを複合的に構成できたり、
3Dな動きも行えるという説明をしたら
「やりましょう!」ということになり
最終日にはフォーカスフローティング
ベース集合システムを作って
地上の降りずにA地点からB地点の移動
途中でロープバックスクープという
トリッキーなシステムを作った。
レイズとロワーを1カ所で行うので
3本のロープを2人で操作できる。


アンカープレートに
IDとRIGが並び
倍力システムは別アンカーで
ベース共用3本にそれぞれ
プルージックをセットしたら
ロワーとレイズもスムーズ。
かっこいい!


次週は前週とうって変わって、
暴風雪警報発令の中、みぞれ混じりの突風。
樹冠がはげしく揺れる厳しいT-3になった。
リムウォーキングだって、
メインアンカーとランヤの枝と足元の枝が
全部違う揺れ方をするので
姿勢制御がとても大変。
思った動きがやりにくく
参加者には申し訳なかったが
高度な操作技術が要求された。

でもみんな
かっちょよかったよ!

2017年4月4日火曜日

シノリガモ



先日海岸線を走っていると
イイ感じの飛び石に
それぞれツガイで
シノリガモが佇んでいた。
なんか良い感じ。

現実逃避



鳥を見つけて、観察して、
あなたは何処から来たの?
何処へ行くの?何食べるの?とか
メルヘンチックなことを考えたりして、
現実逃避したりするんだが
柄にもない。
そして、写真のセンスが全く無いので
いつも悔しい思いをするんだけど、
センスがないのは仕方ないから
あんまり考えずにバシャバシャ証拠的に撮る。

でも時たま当りがあって、
偶然こういう瞬間をおさえた時は
やっぱり嬉しいね。


コイツはウソ。
ナナカマドを啄んでいた所を
パシャ!
イイ感じ。

2017年4月1日土曜日

スプライシングノート

スプライスは一定の要件を満たして初めて使えるシロモノになると思います。自分でも上手くいったなぁって思えるのは、1/20くらい。
依頼で作るのは、ヤレが10本以上出る。まあ自分のための勉強だから良いし、もちろんブッタギって、再チャレンジする。

でも根拠のない作ったアイスプライスロープを、せっかく作ったんだからって使う人。一度使って大丈夫だから、また使う。そのうち気にならなくなる。
せっかく来たんだから登山しなくてもラッセル訓練でもするかってなもんだ。
危険の要件を知らないとそうなる。
自分の認識が低いことに気がつかない。


スプライシングノート
紹介するデータや手順は、個人的に答えに
近いと思われる事象をまとめたものです。

万人が手軽に簡単にできるとは
思っていませんし、
必ずしも正解ではありません。

各人が試行錯誤して、
より良い自分の方法を見つけられる
一助となればと思っています。
玉石混合の「玉」であろうと思っていますが、
ある人にとっては「石」かもしれません。
ご注意を!

キクちゃん



動脈瘤の連中は、
他のモノには目もくれず
一目散に目的の場所へ向かう。
林の縁に踏み固めた道を作る。

自分はなるべく生き物に
悟られないように
アカエゾの中を歩いている。
そしてコイツに会う。


低い針葉樹の中を移動するので
縁を歩いている動脈瘤には
気づかれない。
知らないでガヤガヤ話しながら
歩くから会話は筒抜けだ。
聞きたくもないけど。

それよりコイツの可細い
声を聴くのが楽しみだ。


コイツらはジッとしていると
全く気にせず近寄ってくれる。
渡っていく速度も遅いので
先回りして待ち伏せしてると
バズーカ砲が無くても
本当手が届きそう。
キクちゃん!サイコー!